人の生活を脅かす害虫の生態を知り対策を取る

生態に合う対策

被害が大きくなる前にイタチ駆除をしておきましょう。しっかりと対策をしてくれるので再発を防ぐことができます!

ハクビシンはどのような生き物か

ハクビシンはジャコウネコ科の動物で、鼻筋に白い模様があるのが特徴的です。体長は50センチほどで、夜行性であり夜活発に活動します。野菜から昆虫などの小動物まで食べる雑食性ですが、特に甘い果実を好みます。そのため果樹園での食害が多く問題となっていましたが、近年では里山から生ごみ目的などで住宅地へも進出し、目撃例や捕獲し駆除される例が多くなっています。ハクビシンは運動能力が高く、電線の上を移動したり、壁を登ることができます。そのため屋根裏の隙間などから屋内に侵入し、そこに巣を作る場合があります。断熱材を食いちぎるほか、糞尿をまき散らして悪臭を発生させたり、天井板が腐り落ちるなどの被害が起こります。またダニやノミといった害虫をまき散らし健康被害が発生することもあります。

被害を防ぐための対策

ハクビシンによる被害を防ぐためには、餌となるものを外に置かないことが第一の対策となります。生ごみを庭先に置かず、畑で収穫した後には作物は放置しないなどが必要です。また屋根裏や物置を寝床にさせないために、隙間を埋めて侵入経路を塞ぐほか、見回りを念入りに行うなどの対策も重要です。清掃をし草刈をすることも見通しがよくなるとハクビシンは警戒して近づかなくなるため効果があります。そのほかの対策としては、ハクビシンは石油などの臭いが苦手であり、害獣用の忌避剤が効果を発揮します。フェンスで対策をする場合には、そのままだと乗り越えてしまう可能性があるため電気柵を併用し、フェンスに上る位置に電線を設置すると効果的です。

駆除作業が変わる

シロアリは種類によって生態が異なるため、業者に依頼をして駆除作業を行なうことが早期解決に繋がります。巣を作るシロアリやそうでないシロアリもいるため、業者にどういった種類なのかを見てもらい、駆除作業を依頼しましょう。

» もっと読む

無理しない駆除方法

害獣駆除で増えてきているのが、イタチ駆除です。糞や尿による被害の他に、人に噛み付くこともあります。そのため、無理して駆除作業を行なわず、業者に依頼して作業を行なっていきましょう。

» もっと読む

すぐに駆除できる

人が生活をする室内の隅々に潜んでいるトコジラミは、人目の付かない小さな隙間に潜んでおり、夜に行動をします。人の血液を吸い生きているため、早期に駆除をする必要があります。業者に依頼することで確実に駆除することが可能です。

» もっと読む

最新の記事

衛生的な被害

ハクビシンは、人の生活の身近な場所で生活しています。生ごみから食料を探しているため、衛生的な被害を及ぼす可能性もあります。そのため、ハクビシン対策を取り、捕獲をする必要があります。

» もっと読む

↑ PAGE TOP