人の生活を脅かす害虫の生態を知り対策を取る

衛生的な被害

しっかりと対策すること。

今ハクビシンによる被害が増加しています。町の中でも増えています。餌を求めて郊外に出てきています。置いてある生ゴミを漁って餌を探しています。が増える前に対策を考えないといけません。自宅の近くに出没する時は異臭被害も出てきます。飼っているペットにも被害が出る恐れがあり注意するようにしましょう。ハクビシンは木登りを得意としているので、木に成っている果物などが食べられてしまうこともあります。ハクビシンが住み着くような餌場を作らせないことが大事です。家の近くに屋根へ登れる木などがある場合は、なるべく切っておきましょう。すべての進入経路を探してそれを絶つことが重要です。周囲の雑草なども綺麗にするなど対策しておいたほうが良いです。

ハクビシンで気を付けること。

基本的にハクビシンは法律で保護されている動物なので、勝手に捕獲するなどのことは出来ません。しかし被害が発生した時は、自治体に報告をして許可を取ることで捕獲などの対策をすることが出来ます。くわしく聞きたい際には、自分が住んでいる自治体の所に行って話しを聞くことが出来ます。申請書は詳しく状況を書かなければなりません。ハクビシンなどの動物を専門に扱っている駆除業者にお願いすすると便利です。まず自宅の調査をしてもらいます。それが終わってから見積りがもらえます。ハクビシン対策などのことをしっかりと説明してくれて信頼できる業者に依頼しましょう。業者に依頼して駆除をお願いする時は委任状を渡さなければなりません。